EPA DHA 食材

EPA DHAが多く含まれている食材は、やはり青魚(アジ、イワシ、サバ、サンマなど)です。

しかし、魚嫌い、特に青魚が苦手な場合は困りますよね。

青魚以外でEPA DHAを多く含む食材は、海産物ではクジラ(本皮)やクロマグロ、カツオ、真鯛などがあります。意外にも、ウナギやサケ、たらこ、いくらにも多く含まれます。

魚系全般が苦手な場合は、EPA DHAと同じオメガ3脂肪酸である「α‐リノレン酸」を多く含む食材を摂取すればいいと思います。

α‐リノレン酸は体内で10~15%がEPA DHAに変換されるからです。

α‐リノレン酸は、亜麻仁油(あまにゆ)や、えごま油、しそ油などに多く含まれます。

何から摂取するにしても、EPA DHAやα‐リノレン酸などのオメガ3脂肪酸は酸化しやすいので熱に弱く、傷みやすいです。

フライなどの高温調理はせずに、火を通すのは最小限にして摂取する方がいいです。

食材からの摂取が難しければ…

EPA DHAは含まれている食材が限られており、また傷みやすいので頻繁に買い物に行く必要があります。

それらの手間を省きたい場合は、サプリを利用するという手があります。

わたしが使っているのは、美健知箋EPA&DHAです。

EPA DHAの質が高く、また酸化しにくい構造になっているので安心して摂取できます。

他のサプリも検討しましたが、これが一番品質と価格のバランスがいいと思いました。

変な魚臭さがないのもいいですね。

自己紹介

できるだけ薬を使わずに治療をしようと日々奮闘している30代の医師です。EPA DHAのコレステロール値への影響や効能、必要量など説明できればと、このサイトを作成しました。見ていただいた方のコレステロール値低下に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

© 2016 EPA DHA コレステロール rss