EPA DHA 薬

EPA DHAを含む薬としては、エパデールロトリガがあります。

 

エパデールは、EPAのみを含んでおり、製剤は300mg、600mg、900mgと3規格があります。

通常、高脂血症に対して900mgを1日2回もしくは600mgを1日3回の計1,800mgを内服します。最大量は900mgを1日3回の2,700mgです。

その他の効能は、閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛及び冷感の改善もあり、その場合は600mgを1日3回内服します。

副作用は、肝機能障害(GOT、GPTなどの検査値異常)が多く、その他には出血しやすくなったり、下痢、発疹、貧血などがあります。

 

ロトリガは、オメガ3脂肪酸としてEPA DHAを含んでおり、2gの1規格のみです。

通常、高脂血症に対して2gを1日1回内服します。最大量は2gを1日2回の計4gです。

副作用は、下痢が多く、その他には出血しやすくなったり、肝機能障害(GOT、GPTなどの検査値異常)、発疹などがあります。

 

それぞれのメリットは、

エパデールは閉塞性動脈硬化症に伴う諸症状にも効能があるのに対し、

ロトリガは1日1回の内服でよいという点です。

 

どちらも、保険適応で3割負担なら、薬代だけは1日当たり100円を切りますが、

医師の処方が必要なので、再診料や検査料(血液検査など)などを含めると

結局1日100円を越えることもあります。

 

サプリの場合、例えば「きなり」なら定期購入で1日当たり120円程度です。

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

通院の手間や無駄な待ち時間を節約できるのがありがたいですね。

 

きなりは、EPA DHAの含有量が500mg なので、もう少し含有量が欲しい方は

「美健知箋EPA&DHA」がいいかもしれません。

 

美健知箋EPA&DHAは1日当たり166円と、サプリにしては高価ですが

EPA DHAの含有量は、750mg と「きなり」の1.5倍量になっています。

 

佐藤製薬のEPA&DHAが今なら定期初月は特別価格1,000円!
美健知箋EPA&DHA

 

病院行くほど暇じゃないという方に最適だと思います。

自己紹介

できるだけ薬を使わずに治療をしようと日々奮闘している30代の医師です。EPA DHAのコレステロール値への影響や効能、必要量など説明できればと、このサイトを作成しました。見ていただいた方のコレステロール値低下に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

© 2016 EPA DHA コレステロール rss