EPAで発疹

EPA製剤のエパデールには、副作用として発疹があります(0.1~5%未満)。

 

万一、内服期間中に発疹が出るようならエパデールは中止した方がいいでしょう。

また、エパデールでなくても同じ医薬品でEPAを含むロトリガや、EPAのサプリなどは摂取を避けた方が良いと思います。

 

ただ、確かに多くの医薬品には過敏症症状として、発疹はありますが、

 

分子量が小さい単なる栄養素(脂肪酸)のEPAでも発疹が出るというのは、少し意外な気がします。

 

本当にEPAだけに対して発疹が出るのなら、青魚を大量に食べても発疹が出るはずです。

青魚をたくさん食べても発疹が出ない場合は、EPA製剤(もしくはサプリ)に使われている添加物(カプセル剤)が原因ではないかと思います。

 

エパデールもEPA100%というわけではなく、カプセル本体などに添加物(ゼラチン、D-ソルビトール、濃グリセリン、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル)が含まれているので、その添加物に対するアレルギー反応という可能性があります。

 

EPA内服中に発疹が出たけど、その原因は添加物だった、ということもありえます。

自己紹介

できるだけ薬を使わずに治療をしようと日々奮闘している30代の医師です。EPA DHAのコレステロール値への影響や効能、必要量など説明できればと、このサイトを作成しました。見ていただいた方のコレステロール値低下に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

© 2016 EPA DHA コレステロール rss