EPA DHA 必要量

EPA DHAの必要量は、厚生労働省により1日1g(1,000mg)が推奨されています。

EPA DHAはオメガ3脂肪酸に分類され、身体の細胞膜を構成する重要な成分です。

ヒトは、EPA DHAなどのオメガ3脂肪酸を自分の力で作り出すことができないので、

毎日少しずつ摂取していく必要があります。

一度に大量に摂っても下痢になったりしてうまく吸収できないので、毎日適切な量で続けることが重要です。

EPA DHAを摂取しないと…

髪や爪が伸びたり、古い皮膚が落ちたりと身体は日々新しくなっていきますが、

EPA DHAが不足すると、それらの細胞がうまく作れない恐れがあります。

また、身体の炎症をコントロールしているので、EPA DHAの不足により、ちょっと蚊に刺されただけで大きく腫れてしまったり、関節炎がひどくなったりする可能性があります。

自己紹介

できるだけ薬を使わずに治療をしようと日々奮闘している30代の医師です。EPA DHAのコレステロール値への影響や効能、必要量など説明できればと、このサイトを作成しました。見ていただいた方のコレステロール値低下に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

© 2016 EPA DHA コレステロール rss