EPA DHA コレステロール

「コレステロール値が高いですね。」

と医師から言われても、自分の食事のどこが悪いのか、よく分からない方が多いと思います。

コレステロールの多い卵ばかり食べているわけでもないし、検査があるから食事には気を付けるようにしているのに、いつもなぜか、コレステロール値が高い、と言われてしまう…

そういう方は、EPA DHAが足りてないのかもしれません。

(EPA DHA不足により、コレステロール値が高くなる理由は、こちらで詳しく書いています。)

 

現代人の食生活の問題点は、コレステロールを摂りすぎということではなく、青魚に多く含まれるEPA DHAなどのオメガ3脂肪酸が少ないということです。

しかし、コレステロール値を下げるために毎日青魚ばかり食べるわけにはいかないので、多くの方がサプリメントを利用しています。

サプリメントを使えば、コレステロール値が高くても、普段の食事でEPA DHAなどのオメガ3脂肪酸の量を気にする必要がなくなります。

そのため、コレステロール値を下げないといけないのに、忙しくて食事に気を遣えない方に選ばれています。忙しい人にとっては、ときに1日仕事になる病院受診はできれば避けたいものです。

 

「コレステロール値を下げたい」というだけなら、病院に行く手間を考えると、サプリメントを利用し、なおかつ、普段の食事でオメガ6脂肪酸を減らせば、コレステロール値が適正となり通院の必要はなくなるんじゃないか、 と思います。

忙しいけど、コレステロール値が気になる、という方は、まずはサプリメントを試してみてください。

「EPA DHAが必要なのは分かるけど、できるだけ病院や薬に頼りたくない」「コレステロール値は気になるけど、忙しくて通院する時間が取れない」という方のために、サプリメントの含有量ランキングを作成しました。

1位 イマークS

詳しくはコチラ☆

EPA:600㎎、DHA:260mg
・定期購入1日当たり250円
・1日1本、飲みやすい特保ドリンク

公式サイトはこちら

2位 美健知箋EPA&DHA

詳しくはコチラ☆

EPA:200mg、DHA:550mg
・定期購入1日当たり166円
・EPA DHAが酸化しにくく、飲みやすい極小カプセル

公式サイトはこちら

3位 きなり

詳しくはコチラ☆

EPA DHA合わせて:500mg
・定期購入1日当たり約126円
・クリルオイル配合で酸化しにくい

公式サイトはこちら

他にも多くの商品を検討しましたが、製品の品質や含有量、1日当たりの費用などから、コレステロール値低下を目的に、市販のサプリメントでおすすめしたいのは上記の3つです。

 

EPA DHA 薬

EPA DHAは、コレステロールを下げる薬としても販売されています。商品名でいうと、エパデールとロトリガです。

含有量は多いですが、入手するためには定期的な医師の診察や血液検査(中性脂肪、総コレステロールなど)が必要です。

薬価(平成28年4月改訂)は、1日通常量で、エパデール:210.80、ロトリガ:261.10です。

通院による費用は、薬代に加えて診察料や検査料、調剤料などが必要になるため、3割負担でも1日100円(月1回通院)は超えてしまいます。

 

EPA DHA 効能

EPA DHAの薬の効能としては、高脂血症、閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍・疼痛・冷感の改善、というのがあります。

中性脂肪やコレステロール値の高い人に処方され、製剤の含有量は、1日通常量でエパデールはEPAのみ:1800mg、ロトリガはオメガ3脂肪酸(EPAと DHAを主成分として):2gです。

エパデールは1日2~3回内服、ロトリガは1日1回内服となっています。

もちろん、EPA DHAに効能があって、コレステロール値が高い人に対する薬として承認されていますが、下痢や出血しやすくなるなどの副作用もあります。

コレステロール値が高く、いくら効能があるからといわれても、副作用のリスクを抱えるのは避けたい、という方は多いと思います。

そういう方には、コレステロールを下げる薬ではなく、サプリメントがおすすめです。

 

わたしの場合、コレステロール値は適正ですが、外食で揚げ物が多かった日 (植物油などのオメガ6脂肪酸過剰)や青魚が食べられなかった日(EPA DHAなどのオメガ3脂肪酸不足)に、美健知箋EPA&DHAの内服をしています。

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAの含有量は、1日通常量でEPA:200mg、DHA:550mgです。

コレステロール値に対して薬と同じ効能とはいかないかもしれませんが、その分副作用のリスクは少なく、通院の手間も必要ないので、おすすめです。

食事に含まれるコレステロールの量が多くても問題ありませんので、 コレステロール量を気にせず食事を楽しめています。

自己紹介

できるだけ薬を使わずに治療をしようと日々奮闘している30代の医師です。EPA DHAのコレステロール値への影響や効能、必要量など説明できればと、このサイトを作成しました。見ていただいた方のコレステロール値低下に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

© 2016 EPA DHA コレステロール rss